横浜市 H様邸

全面リフォーム

画像をクリックすると大きいサイズで表示されます

浴室・洗面台を除き、全体をリフォームしました。

玄関→玄関収納扉に、ポイントカラーである赤のシートを貼り、イメージチェンジ。光沢のある赤が目をひきます。

廊下→壁の一方にミラーを貼り、もう一方にエコカラットというタイルを貼りました。天井は青空のクロスです。
ミラーに空が映り込み、空間を広く見せる効果があります。エコカラットは、消臭・調湿効果のあるタイルです。

トイレ→タンクを収納で隠し、手洗い器をその収納カウンターに取り付けました。収納扉は、ポイントカラーの赤です。
クロスは落ち着いたグレー基調の大きなモクレンの花柄。赤の扉とグレーのクロスがとてもマッチしています。

洗面室→洗面台扉に、ポイントカラーである赤のシートを貼りました。壁のクロスは、トイレの壁と色違いの、淡いグレーのモクレンの花柄クロスです。

洋室1→壁一面に造作の収納を取り付けました。淡いピンクからグレーへと変わっていくグラデーションの塗装に、お施主様が桜の花びらを描かれました。
クロスもグレーに淡いピンクの花が描かれたもので、扉の色を合わせました。
窓にはウッドブラインドを付けました。

洋室2→クロスの貼り替えをしています。

キッチン→2口のIHクッキングヒーターとウォールダウンユニットの付いたシステムキッチンへのお取替え。
扉の色はポイントカラーの赤。
壁は、キッチンパネルではなくタイル貼りに。目地は藍色にしましたので、汚れが目立ちにくくなります。
キッチン右横にも収納を取り付けました。
また、床は大理石調のフロアタイルです。

バルコニー→取り外しのできる人工木のデッキを取り付けました。

リビング→もともと付いていたウイリアムモリスのクロスの部分の壁はそのまま生かしました。
それ以外の壁を、落ち着いたグリーンのクロスに貼り替え。窓にはウッドブラインドを取り付け、全体的にしっとりと落ち着いた空間に仕上がりました。
その中で目立つのは、ブルーの収納です。これは、もともと付いていたもので、塗装しました。
また、窓側柱にエコカラットとミラーを取り付け。明るさと広がりを見せています。
廊下からずっと続いている床ですが、剥離をしてからフロアコーティングをしました。貼り換えたような輝きが出ています。

Reform Planner

加藤 真世

リフォーム・新築・建て替えのご相談・資料請求、横浜・東京のリフォームはウーマンズ・ワークへ メールフォーム

ページ上部へ